翻訳サービスGK戸籍謄本翻訳ネットワークス部 戸籍謄本翻訳サービス戸籍謄本翻訳料金翻訳サービスGKへ問合せ翻訳サービスGK会社案内
  1. 翻訳サービスGK戸籍謄本翻訳ネットワークス部
  2. 戸籍謄本翻訳自動処理システム

戸籍謄本翻訳自動処理システム

翻訳じい 翻訳会社ソリュテックの技術を使用

戸籍謄本の翻訳工程を大幅に自動化

戸籍謄本(日本語)

戸籍謄本翻訳
自動処理システム
戸籍謄本(英語)
役所より発行された戸籍謄本
(日本語原稿)
処理後の戸籍謄本
(英語の翻訳文書)
(人名等は架空のものです)
戸籍謄本翻訳の自動処理システムによる処理サンプル 
翻訳会社ソリュテックの技術がベースとなっています

翻訳会社ソリュテックの技術をベースに戸籍謄本の翻訳用に改修

この戸籍謄本翻訳自動処理システム (ARTS-FR) は翻訳会社ソリュテックで開発された登記簿謄本用の自動謄本翻訳システム (ARTS-CR) がベースとなっています。

※ 翻訳サービスGK戸籍謄本翻訳ネットワークス部の前身である KHN が翻訳会社ソリュテックより登記簿謄本用の自動謄本翻訳システム (ARTS-CR) の技術供与を受けて戸籍謄本の翻訳用に改修したもので、その後 KHN が翻訳サービスGKに吸収合併された後は、翻訳サービスGK戸籍謄本翻訳ネットワークス部で引き続き改良作業が行われています。

戸籍謄本翻訳自動処理システムの機能

戸籍謄本翻訳自動処理システムの主な機能は以下のとおりです。

  • ペーパーベースの戸籍謄本を電子文書化する機能
  • 電子化された戸籍謄本の変換誤差を最小限にする誤差修正機能
  • ロゴや翻訳者署名欄を自動的に取り付ける機能
  • 定型文を自動的に翻訳する機能
  • 人名や地名など調査が必要な名詞をリスト化する機能

などで構成されます。

尚、上記で簡単に「ペーパーベースの戸籍謄本を電子文書化する機能」と述べておりますが、実は、ここの所が簡単そうに見えて非常に難しいところなのです。

と、申しますのも、役所から発行される戸籍謄本には特殊な複写防止技術が使われており、コピーしたりスキャンしたりすると「隠し文字」が浮き出てきて戸籍謄本の内容にその隠し文字が被さるようになっており、単純には電子化できないことが多いからです。(市区町村によって隠し文字の入れ方が異なるため、電子化の難易度は市区町村により異なります)

また、他にも難しいところがあり、例えば、英語は日本語よりも横方向に幅を必要とする特性があるために、もともとのレイアウトの各寸法をそのまま忠実に再現し、そこに翻訳した英語をそのまま入れていくと非常に見にくいものをなってしまいます。ですから、戸籍謄本翻訳自動処理システムの電子文書化機能の中には、うまく英語が見た目良く収まるようにするため絶妙のレイアウト調整を行う機能も含まれています。

このように、一見簡単そうなことの中にも、戸籍謄本の翻訳を効率良く、そして日本の工業製品に期待されるクオリティーで行うためのノウハウが多く投入されております。


戸籍謄本翻訳自動処理システムを使った処理のメリット

戸籍謄本翻訳自動処理システムを使った処理のメリットは、次のようなものがあります。
  • 作業のスピードアップ
  • ヒューマン・エラーの排除
  • コストダウンによる低料金でのサービス提供
  • 原本との比較照合がしやすいプロの仕上がり
それぞれについて見ていきます

作業のスピードアップ

標準的な横書きの戸籍謄本(戸籍事項証明書)の場合、きちんとしたレイアウトを行うプロの翻訳会社であれば、全て人間が作業を行うと約3時間程度の時間がかかります。 これが戸籍謄本翻訳自動処理システムでは約30分で完了しますので、作業時間を約6分の1に短縮したことになります。

ヒューマン・エラーの排除

手作業での翻訳はヒューマン・エラー(人的ミス)が介在するものです。 特に戸籍謄本の翻訳というのは人名や日付の翻訳など単純な所が多いのですが、人は、単純な所ほど単純ミスを犯しやすいという特性を持っていますので、戸籍謄本の翻訳を全て人間が行った場合、どこかにミスがある可能性は高いと言えます。

戸籍謄本翻訳自動処理システムの場合ですと、それら単純作業は機械的に正しく英語に置換されていきます。 機械翻訳にありがちな推測による翻訳は排除してありますので推測による誤りの介在もありません。 つまり、戸籍謄本翻訳自動処理システムでは、高い信頼性の翻訳が可能なわけです。

コストダウンによる低料金でのサービス提供

上記の作業時間の短縮は直接人件費の削減につながり、戸籍謄本の翻訳を低料金で行うことを可能とします。 また、ヒューマンエラーの排除も、修正の手間(後戻りコストの発生)を排除することになりますので人件費の削減につながり、戸籍謄本の翻訳を低料金で行うことに寄与しています。

もっとも、自動化にあたっては自動化するためのソフトウエアを開発したりと、それはそれなりに初期の開発投資コストやその後の運用で必要が生じた際に行われる改善コストがかかるため、人件費の削減分がそのまま翻訳料金の低下につながるわけではありませんが、翻訳会社ソリュテックや翻訳サービスGKでは社内に技術力があるため外注しておらず、開発コストや改修コストが低く抑えられているため、全体として見た場合、戸籍謄本翻訳自動処理システムを使うと、同等の品質の戸籍謄本の翻訳サービスを提供している翻訳会社の翻訳料金と比較すると、約半分の料金でサービス提供が可能となっております。

注: 戸籍謄本の翻訳を掲げる翻訳サービス提供者(翻訳会社、翻訳事務所、異業種での翻訳サービス提供)の中には、素人に近い作業を行うことでコストダウンを行っているところがありますが、翻訳会社ソリュテックのコストダウンは一切手抜きをしないコストダウンです。 同じコストダウンでも提出先からの信頼性を犠牲にするようなコストダウンはいたしません。

原本との比較照合がしやすいプロの仕上がり

戸籍謄本翻訳自動処理システムは、面倒なレイアウトを文句も言わずに美しく行います。

原文と比較して見やすい登記簿謄本の翻訳文書は正にアーティスティック。 機能美を備えた戸籍謄本の翻訳文書は、今や、顧客や最終的な提出先より指定されるデファクト・スタンダードになりつつあります。

戸籍謄本のアートな翻訳。 それも翻訳会社ソリュテックの市場戦略の一部なのです。


戸籍謄本翻訳自動処理システム稼働中

戸籍謄本翻訳自動処理システムは、現在、協働会社の 翻訳会社ソリュテック で稼働中です。

※ 翻訳会社ソリュテックは、戸籍謄本翻訳プロジェクトの中で翻訳作業ならびに翻訳証明書の発行作業を担当しております。




翻訳サービスGK戸籍謄本翻訳ネットワークス部

著作権 本ページおよびウエッブサイトの著作権は翻訳サービスGK戸籍謄本翻訳ネットワークス部にあります